備忘録も兼ねた「本の感想目次」はこちら                                           

2016年12月11日

続・ミステリドラマとしての「逃げ恥」(第9話)

 今回はエレベータ内の「人間瞬間出現」がツボ。よく見直すと、直前のシーンで、風見さんに隠されつつ、ちゃんとヒラマサさんが微かに映っているんだよなあ(回転ドアにご注目)。
 「お宝鑑定団」妄想シーン(こっちも、ちゃーんと開いたドアが映っている)と合わせ、もう狙っているとしか思えない。
 さすがに原作にあるネタという気はあまりしないので、脚本と演出の共同作業なのだろうか。それはともかく、このチームなら、あり得ないトリックを無理矢理なカメラワークで成立させる『ジョナサン・クリーク』のようなミステリドラマが作れると思うので、是非。

banner_01.gif← 爆笑は「あっ、破りやすい、この紙」。どこをどう押せば、こんなセリフが作れるんだか
posted by omsoc at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

ミステリドラマとしての『逃げ恥』第8話

 巷で話題沸騰中(らしい)の連ドラ『逃げるは恥だが役に立つ』。
 今更だけど、先週放送の第8話にはやられた。ミステリではお馴染みの場所誤認トリックが炸裂する、なんてことは全く予想してなかったので、不覚にも一本取られてしまった。
 しかも、よく考えると、「(視聴者にはミエミエの)男性側の場所誤認の仕掛け」が「女性側のそれ」を見えにくくさせる構造になっている。つまり、「よくあるトリックを二重に使うことで、仕掛けを巧妙化する」(「誤認」の種類は違うが、似た例として『消失グラデーション』(長沢樹)を思い出した)という高度なワザが使われていて、見直して改めて感心してしまった。
 特に秀逸なのは、館山を遠景で撮ったワンカットの挿入である。これによって、ミスリーディングが効くのと同時に、時間経過も示していて(直前のシーンは洗濯物を干している最中なので、常識的に午前中の筈。それに対して、遠景は夕暮れ時)、みくり嬢が館山から帰還するに十分な時間があることを示す「フェアな手掛かり」にもなっている。これに加えて、彼女の服装に注目すれば、容易に真相へと辿り着ける筈、なのである)。

 原作に元々ある仕掛けなのか、脚本家さんのアイデアなのか、演出側の功績なのか分かりませんが(まずあり得ないと思うけど、もし、ミステリの文脈なんぞ全く意識していない偶然の産物だったら心底ビックリだ)、ともかく一人のミステリ読みとして敬意を表したく、久々に書いてみたーーって、私がボンクラなだけで、賢明なミステリ読みの皆さんには簡単に喝破出来た???

banner_01.gif← ミステリじゃないけど、第7話のメールのやり取りのくだりは思いっきりツボって爆笑した
posted by omsoc at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

吉野朔実、逝去

 昨日、ネット上で悲しい知らせを見つけてしまい、「えっ」と声が出てしまったほど、驚いた。つい先日も『本の雑誌』の最新号で「吉野朔実劇場」を堪能したばかりであり、あまりにも突然すぎて、にわかに受け入れがたい。

 代表作『少年は荒野をめざす』は、「作家性」と「娯楽性」のせめぎ合いが、結果として絶妙のバランスを産み出した奇跡の一作。私の中でのオールタイムベスト(の1つ)である。『ジュリエットの卵』以降は、作家性の方が強くなり過ぎて、だんだん読むのが辛くなり、『恋愛的瞬間』あたり以降は殆ど読んでいないという、あまりいいファンではないが、それでも心から冥福を祈りたい。また、『少年』への助走であり(だから『少年』ファンはきっと満足できると思う)、読んでいて楽しい『月下の一群』(PART2も含む)を、何れかの出版社が復刊してくれることを願う。
posted by omsoc at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

第208回TOEICアビメ

 今さらではあるが、自分の備忘録も兼ねて、先日スコアの出た208回TOEICのアビメ報告。

 L: 89(2) 83(3) 100(0) 93(2)
 R: 90(2) 100(0) 100(0) 89(3) 92(2)

 カッコ内の数字はTEX加藤さん情報によるもの(毎回、ありがとうございます)。
 Lについては、part1で1問誤ったことは判明しているので(海辺にいる人の問題)、part2で(多くても)1問しか間違っていない勘定になる。新形式に備えたダミー問題(結果に勘定されない)が混じっていたらしいので、そこで間違ったということなのかもしれないが、何か実感と合わないのだよなあーーというのも前回受験と同じなのであった。

banner_01.gif← うーん、安定の成績(感心している場合か)
posted by omsoc at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

「ガラス張りの誘拐」歌野晶午@amazon.co.jp

 何とはなしにamazon.co.jpで暇検索を掛けていたら、歌野晶午の「ガラス張りの誘拐」 (但し、カドカワノベルズ版、既に絶版)の書影が、こんなことになっていた。

5116OYABCtL._SY498_BO1,204,203,200_.jpg


 当たらずとも遠からず?(おいおい)

banner_01.gif文庫版の書影はマトモです
posted by omsoc at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

第208回TOEIC結果

 受験したのはつい先日のことのような気がするのに、もう結果が出てしまった。
 スコアはL455、R470の計925で、3年前に受けたときとほぼ変わらないもの(統計的には同一と言ってもいいかも)であった。

 しかし、予想では「出来が悪くて900は厳しい」だったのだけどねえ。
 考え得る「予想外れ」の原因は、
 1) 問題自体が難しかったので、出来がイマイチでも、スコアとしてはこんなもの。900点前半が私の本来の実力で、その通りの結果だった。
 2) 後から知ったことだけど、今回は現形式のtoeicでは最後のもの(4月にもう1回あるが、試験会場が限られる)。そのため、大量の受験者がいた(らしい)。即ち、普段はあまり受けないような層が受験したことで、受験生の全体的なレベルが通常回に比べて低く、多少の不出来であれば、相対的にはマシな点数になりがちであった。

 さて、どちら?

 2)かも、と思い始めると、5月に行われる「新形式1発目」は、toeicマニアな人以外は受験を控え気味かなあ、そうなると高得点は取りにくいかなあ、という気がしてきたので、受けるのはやめることにした。

banner_01.gif← 次回受験は7月かな
posted by omsoc at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

3年振りのTOEIC受験(第208回)

 2013年4月以来、3年振りにTOEICを受けてみた(で、この放置していたblogに書き込むのも、同様に3年ぶりという……いやはや)。
 ロクな準備は出来ず(せず)、昨晩、公式問題集(vol.6)の1つ分を1回やって、以前のカンを取り戻した気分になっただけーーという、真面目な皆さんからすれば「おととい来やがれ」な不埒な受験生である、すいません。そもそも、「以前のカン」なんて、元々大して冴えたものでもないぞ、と昨夜の自分に言ってやりたい。

 交通機関の遅れがあって、12時25分飛び込みセーフ。諸情報を総合すると、受けたのは、どうも「メジャー」なようである。
 リスニングはあまり覚えていない。苦手なPart 2は、やはり数問やられた気がする。Part 3 & 4は聞き落としたり、状況を理解できなかったりで通常運転より約2割増しで、ダメだったような。
 リーディングだが、こいつは、公式問題集と比べても、3年前と比べても、明らかに難化してませんか。SPの最後の問題(と呼んでいいのか? Q176〜180の意味。記事のヤツ)の文章が、読んでも読んでも頭を素通りするばかりで、何とかやり終えたらここだけで8分も使っていて大慌て。それ以外も、クセモノな設問が多く(「web書評を記した4人のうち、"disagree"なのは誰?」は、問題の文章は全部理解できている(筈)なのに、回答を選ぶ根拠がどうにも見つからなくて、ホント参った)、四苦八苦。
 それでも、51分間でどうにかPart 7を片付けてPart 6に飛び込んだら、また、何だかよく分からねえ文章が……分からなすぎて、中身、忘れたわ。それでも遮二無二進んでいくと、後に行くほど易しくなっていて、問題作成者の陰険さが炸裂してました。
 Part 5は問われる語彙力のレベルが上がっているように感じた。って、自分の単語力が落ちているだけかもしれないけど。特に、最後3問に悩まされ、悩むだけ悩んで、エイとマークしたところで、残り30秒。ざっと、マークし忘れがないか確認したら、それで終了。

 結果予測としては、800後半には届いていると思う(思いたい)が、900はムリっぽい。出来の悪さは、花粉症と寒さ(途中でシャープペン握っている手が凍えた)のせい、ということにして、次回(5月受験予定)に備えます。

banner_01.gif←単に準備/努力不足のせいです
posted by omsoc at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

「わたしたちが少女と呼ばれていた頃」石持浅海

わたしたちが少女と呼ばれていた頃 (碓氷優佳シリーズ)わたしたちが少女と呼ばれていた頃 (碓氷優佳シリーズ)
石持 浅海

祥伝社 2013-05-16
売り上げランキング : 5736

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 本格ミステリ史上指折りの極悪探偵・碓井優佳、四度降臨。
 それが何と、彼女の高校時代を描いた連作短編7作とは、完全に意表を突かれた。女子高生の碓氷優佳ーーもう、この設定だけで、もう負けた、と思いましたよ。表紙(上をご参照あれ)と中のイラストの可愛らしさが泣かせてくれる。ああ、イラスト担当のもりちかさんにインタビューしてみたい。

 さて、内容は、女子校生活3年間の日々で起きる些細な「日常の謎」を優佳が解き明かしていくというもの。
 
しかし優佳は違った。彼女は一見何もないように見える物事から、問題そのものを見つけ出し、解答を導くことが出来た

 と冒頭作中にあるように、何がそもそもの「謎」なのか判然としないケースが多く、読者が自らの推理を働かせる余地がいくらか欠けているようには感じたし、オチも何だか他愛もないような……。それでも、やはりロジックの切れは、この作者らしく、結構楽しめた。
 なんて思いつつ迎えた最終作の『優佳と、わたしの未来』、こいつがタダモノではなかった。作中人物の一人が「事実はひとつなんだから、仮説にいくら整合性があっても意味ないか」とのたまうように、メインとなる謎の解は、あまりロジカルなものでなく「事実ありき」で、本格ものとしては破綻気味。ただ、(以下、いくらかネタバレ気味なので、以下、白文字)そこから、この短編集を結ぶ(シリーズ完結、でもいいかもしれない)に相応しい展開が待ち受けていた。これもネタバレ気味なので、上には書けなかったことだが、ここに至るまでの6作が、いかにも「青春ミステリでござい」的な作りで、「んんん?」と思っていたところに、納得がいくという仕掛け。 「優佳」という「装置」を使い倒し、この作者にしては珍しく感情移入可能な結末に、座布団5枚は積んでもいいぞ。実は、前3作は、これをやりたいがための壮大な伏線だったりすると凄いよなあーーと想像を膨らませてしまった(石持浅海なら、強ち、あり得なくもない?)。

 というわけで、「著者のことば」には「(碓井優佳の、他作品での悪魔活躍振りを)まだ知らない方は。ごく普通の学園日常の謎ミステリですので、安心してお読み下さい」とあるが、少なくとも『扉は閉ざされたまま』は読んでから臨んだ方が、断然楽しめるということは強く言っておきたい。

 『彼女が追ってくる』はいくらかションボリな出来だったが、見事にリカバーしたので、今後の展開に大いに期待してます(って、続編構想はあるんでしょうか)。

 こちらのアンテナが鈍っているだけかもしれないが、何かひっそりと刊行されてませんかね。出てから1ヶ月も経つのに、全然気付かなかったもんなあ。気付かせてくれた書評サイト「黄金の羊毛亭」に深く感謝する次第であります。

banner_01.gif←多々、登場する「どの口が抜かしやがる」なセリフの中、最強なのは『握られた手』のラスト
posted by omsoc at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 本(小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

第179回TOEICアビメ

 えーと、第180回当日に、今更ですが、一応アビメ報告。
 またしても、TEX加藤さん情報を参考にして(ありがとうございます > TEX加藤さま)、誤答数(カッコ内の数字)は以下の通り。

 L: 90(2) 91(2) 100(0) 89(4)
 R: 82(3) 100(0) 95(1) 97(1) 100(0)

 自分としては、Part 2への苦手意識が強いし、実際の感触としても出来ない感バリバリなんだが、アビメではそうなってないのが、よく分からない。

banner_01.gif← 次は第182回受験予定

 
posted by omsoc at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

第179回TOEIC結果

 微妙な出来であった先月(第179回)のTOEIC
 「スコアが出たよ」とお知らせがあったので、こわごわ覗いてみた。

 ……L465、R465で計930って、なんですか、これは。
 ここに記したとおり、Rはそれなりに出来ていると思っていたけど、Lがこのスコアというのは、適当にマークしたところがことごとく当たっていたとしか思えない。マークシートって恐ろしいなあ。

banner_01.gif← じゃ、ぶっつけでOK(おい) 
posted by omsoc at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。