備忘録も兼ねた「本の感想目次」はこちら                                           

2012年01月08日

海峡じゃないよ、警部だよ

 BBCのradio 4 extraを覗いたら、トップに"Inspector Dover"の文字が踊っていて、心底びっくりした。ご本人とそのご親族、およびファンの皆さんには失礼極まりないことだが、ジョイス・ポーターなんて、存在そのものを完全に忘れてましたがな。
 BBCは再放送率がかなり高いので、それかと思ったら(再放送だって十分驚くに値するけど)、"4 Extra Debut"とあるから新作なんだね。日本で例えると何だろう。NHKが陶展文ものをドラマ化するとか、そんなところか?
 ひょっとしたら、イギリス本国では今だに根強く読まれているんだろうかと思って、amazon.co.ukを見たところ、概ね絶版。ダルグリッシュとかフロストとかダルジールとかモースとかダイヤモンドといった警部さんやら警視さんやらが活躍するドラマは結構ウケているみたいなので、その辺のファン層を狙ってなのかなあ。
 来週火曜10日(英国時間)の"Dover Goes To Pott"(邦題:『ドーヴァー5/奮闘』、thanks to 「翻訳作品集成」)を皮切りに、計4作が放送される予定。ラストを飾るのは"Dover and the Unkindest Cut of All"、つまりあの『ドーヴァー4/切断』である。尚、BBC radioは放送後1週間以内であれば、日本からでも無料オンデマンド聴取可能です。

 ドーヴァーもの、私自身は、大昔に『切断』を読んだきりだなあ。筋はほぼ完全に忘れているけど、根幹のネタは強烈で忘れがたい。今で言うところの「イヤミス」だと思うので、復刊すると面白がる読者は多いと思うが……翻訳権を持っているのがハヤカワじゃどうしようもないか。

banner_01.gif← 次はフレンチ警部もののドラマ化を熱望
posted by omsoc at 02:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも。
楽しませていただきました。
ありがとう。
Posted by 雨宮孝 at 2012年01月09日 20:23
コメントをありがとうございました。
「翻訳作品集成」、よく参考にさせて頂いてます。
データベースは管理・更新が大変と思いますが、今後も続けて下さいますと大変ありがたいです。
Posted by omsoc at 2012年01月12日 00:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック