備忘録も兼ねた「本の感想目次」はこちら                                           

2016年05月04日

吉野朔実、逝去

 昨日、ネット上で悲しい知らせを見つけてしまい、「えっ」と声が出てしまったほど、驚いた。つい先日も『本の雑誌』の最新号で「吉野朔実劇場」を堪能したばかりであり、あまりにも突然すぎて、にわかに受け入れがたい。

 代表作『少年は荒野をめざす』は、「作家性」と「娯楽性」のせめぎ合いが、結果として絶妙のバランスを産み出した奇跡の一作。私の中でのオールタイムベスト(の1つ)である。『ジュリエットの卵』以降は、作家性の方が強くなり過ぎて、だんだん読むのが辛くなり、『恋愛的瞬間』あたり以降は殆ど読んでいないという、あまりいいファンではないが、それでも心から冥福を祈りたい。また、『少年』への助走であり(だから『少年』ファンはきっと満足できると思う)、読んでいて楽しい『月下の一群』(PART2も含む)を、何れかの出版社が復刊してくれることを願う。
posted by omsoc at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック